あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

「あがり症」「緊張症」の対応で薬を飲むときの準備・・・

薬を飲んだ方が人生の質が改善される時が有る

 

できれば薬は飲みたくない・・・それはもちろんその通りです。それでも飲んだ方が人生の質が改善される時があります。つらい、哀しい想いをしなくてもすむ。それならば薬は有効活用したほうが得です。 

症状がでる場面 

わたしは大学の時から約30年、普段の生活はまったく平気なのに、

1:人前で話す

2:大勢に対して挨拶する

3:結婚式などの緊張感漂う晴れ舞台

4:カラオケ

5:食事(デートや会食)

などの特定の場面です。

 

症状が出る状況

1:「人前で自分が何かをしなければいけない」

2:「特に他人からそれを強制される」

3:「急に指名される」

4:「全員の目線がわたしに集中する(注目される)」

5:「大勢の前での挨拶」

などの特定の状況です。

 

どんな症状か

1:『心臓が激しくドキドキする』

2:『声が震えて出なくなる』、

3:『頭の中が真っ白になる』、

4:『何も対応できない』

5:『赤面する』

という症状が強く出ます。

 

本当にこの「あがり症」「緊張症」症状には、若いころから悩まされてきました。図体は大きいのに、心臓はノミというものです。

 

この「あがり症」のせいで、たくさんの良い出逢いや機会を自ら手放してきたことが、とても残念な気持ちでいっぱいです。また数多くの失敗のせいで、今度も恥をかくのでは?という気持ちが強くなってしまい、人生の質を落としてきました。

βブロッカー薬『ミケラン』

そんなときに知ったβブロッカー『ミケラン』という薬。この出会いは私の人生を良い方向に改善してくれるものでした。もっと早く自分の症状を勉強して飲めばよかったと、本気で思っています。しかし、そうは言っても薬飲むときは注意が必要です。たのえば、この薬は血圧を下げる薬です。

薬を飲むときに注意しているポイント

1:飲む日時をスケジューラーに事前に入れます。

2:飲む前日と、飲んだ日は、ほかの薬は飲みません

3:同じくお酒も飲みません

4:飲んだ日はジムに行くのもあきらめます

5:毎日飲まないようスケジュールをコントロールする

6:飲めない日は予定の方を変える

7:当然ですが血圧

このように注意する事で、心臓に過度な負担をかけないようにしています。

「あがり症」の人は事前の準備が重要

1:本番のスケジュール管理はもっとも重要

2:挨拶なら何を話すか

3:プレゼンなら企画書の準備

4:カラオケなら何を歌うか

などなどスケジュールが入った時から、事前に準備を開始します。脳内リハーサルも行い、それに加えて、『ミケラン』を飲むタイミングも準備するのです。

飲むタイミングは?

1:ことが起こる想定時間の2時間くらいから3時間前の飲むのが適正と考えてます。それより早く飲むと、本番が後ろずれすると効かなくなってしまいます。

2:急に飲んでもすぐには効かないことを理解。

3:その前の予定で外出があってもその日は外出先で飲めるよう、必ずミネラルウォーターを買って持参しています。

 

症状が出る予定を徹底管理する

それでも時々、飲んだのに挨拶しなくてよくなり、実は薬を飲む必要がなかったという日があります。でもそれは保険をかけたと思い、ストレスとしないよう努めています。

 

また、今日は私の日ではないと安心してたら急にふられて、ミケラン』飲んでいないのでぶっちぎって途中で逃走(失踪)ということも多々あります。そこら辺りはまた別の機会で<「あがり症」のための逃走論>を書きたいと思います。

 

とにかく、わたしのような「あがり症」緊張症」は、

1:苦手なシーンを事前に察知し、

2:ノーサプライズにするために予定を徹底管理する

ことが重要です。事前準備に勝る対応なし!その中に『ミケラン』を飲むタイミングもあるのです。

 

※ わたしは医者に行き、症状を話し、対処療法として処方してもらっています。常時服用ししていません。年に数回のみです。薬には合わない人もいるので必ず医者に相談の上、 服用の可否判断もらって下さい

(それでは・・・あいすみません)