あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

子供に教える『絶対禁止の買物の仕方』

あなたの損が100%確定しています

最近、メルカリでズバリ現金そのものや、

スイカのチャージ済のカードを販売する輩がいるようです。

 

それを購入しようとしている人たちに一言伝えます。

「よしなさい!」

あなたの損が100%確定しているのだから。

 

現金を手数料を支払ってまで、買わなければいけないあなたは、

もっと別のやり方で、自分のお金の問題を解決したほうが良いです。

 

たとえば以下の組織が有ります。

① JCCO(公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会)

JCCO 日本クレジットカウンセリング協会|借金のお悩み相談無料

 

独立行政法人国民生活センター多重債務の相談窓口

多重債務の相談窓口_国民生活センター

 

買物すること浪費することで、

脳内が気持ち良くなるのは、

外部に力も借りてその依存を断ち切る必要があります。

また債務を整理し、

人生を早く立ち直らせないと、おかね以上の損が膨らんでいきます。

 

子供にそれは止めろ!と教えるモノの買い方

わたしは以下の買い物の方法は、

自分の子供には「止めなさい」と教えるつもりです。

(1)ボーナス払い

実は自分は20代後半の若いころ、

これぞ若気の至りというやつで、

業績がメチャクチャ良かった時のボーナスを基準に、

頭金極小・ボーナス多額・当時の高い金利併用の5年払いで、

ヤナセに行って外車(ゴルフⅢ)を買ったことがあります。

人生初の新車!しかもヤナセで購入!!

嬉しかったです!!!脳内麻薬でまくり!!!!

もう本当に有頂天で!!!!!!マークだらけです。

がっ↓しかし↓↓

翌期より業績がガタ落ちで、

夏はボーナスは半減 ⇒ 冬はさらに減りほぼ無くなり、

ボーナスで払うのがきつくなり、エライ目にあったことが有ります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓今度は人生急下降、

すぐ売りました。

残債のニアイコールで売れたので、何とか債務整理できました。

 

このことはその後の人生に、良き教訓となりました。

「金が無いなら、買い物するな」です。

それ以来、一度もボーナス払いという、買い方はしていません。

もちろん35歳でサラリーマンを辞めて起業したので、

ボーナスはもらうものではなく払うものになった、

というのもありますが。

 

家の購入は、もちろんローンを組みました。

自分は賃貸ではなく、購入を選択したのですが、

買ったのは、毎月の支払いで買える金額の家です。

ボーナスの支払いが無いと買えないような金額の家は、

最初から候補より除外しました。

ゴルフⅢの教訓です。

 

わたしが「ボーナス払い」を辞めたほうが良いと考える理由

1:ボーナスはゼロもある

   =もらえることが確定していない未来のボーナスまで含めて、

            借金する事はリスクが大きすぎる

2:借金が大き過ぎると、人生の選択の幅を狭まくする

   =引っ越し、転職、起業、自営などのチャンスを借金のせいで、

    選択できなくなる可能性がある

3:精神的にきつい

   =金の悩みは精神的にきつく、実際の生活的にも辛い。

 

とくに1ですね。

もらえることが確定していないお金を当てにして、

モノを買うのは、あり得ないですよね。

まさにゴルフⅢの教訓です。

 

子供が将来 家を買う、車を買う、

という時には、事前にこのことを教えるつもりです。

 

(2)ツケ払い

最近現れた、買い物の方法です。

ツケって、銀座の飲み屋とかクラブとか、聞きますよね。

たまりにたまってから、払わないでトンズラする人もいるので、

そのツケの信用を与えた飲み屋の人がエライ目に合うという、

都市伝説めいた話も耳にします。

酒飲みの世界の言葉だと思っていましたが、

それがNET通販の世界に登場しました。

1:お支払いは商品到着の2か月後でOK

2:初めての方でも安心

3:お支払いが便利

と,まだお金が無くて、でも新しいファッションに興味があって、

デートしたり、街を歩いたり、と人生を謳歌している、

若い人たちが見ると、心が躍る言葉が並んでいます。

人気のZOZOTOWNが、

GMOペイメントサービス㈱と組んだ、買物の方法です。

これは信販会社ですね。

でも、どうやって支払い能力や信用を、調査するのでしょうか?

 

この「ツケ払い」は、若い人=自分の子供の年齢が、

対象のサービスに見えます。

お金が無い人に、先に品物が届いて、

払ってないのに自分のモノとして使う。

『意識は購入した』ですが、『実際は払っていません』、

ここまでして、モノ買わせる必要ありますかね。

 

現金で購入する代引きなら、もちろん文句有りません。

今になって思うと学生時代に、バイト中心はもったいなかったのですが、

バイトやお小遣いの範囲で買うのであれば、

自分のお金が有り、それを使い、商品を購入する、

という行為なので、普通です。

 

働くまでは持てない(持たせない)ですが、

クレジットカード払いも、

『クレジット = とても大切な信用』と教え、

上手に使えばいいでしょう、ただし一括払いなら(下記「リボ払い」参照)。

 

この「ツケ払い」という買い方は、

『お金を持つ&増やすよりも、欲望の実行&達成が先行してしまう』

ことになります。

わたしは「この“ツケ払い”というモノの買い方は止めておきなさい」

と子供に教えます。

これはスグに。

(3)リボ払い

大量に買物しても支払いは、毎月一定額で済むと錯覚させる、買わせ方です。

これも、わたしが子供に絶対に止めるよう事前に教えたい、モノの買い方です。

 

1:明らかに損

  =利息が多いので、たまると新しい別のものが買える位に支払いが多くなる

  =しかも「リボ払い」と言うシステムのせいで、それを気付きにくくしている

2:買い続けると永遠に終わらない

  =クレジット会社の上得意 = カモになる

3:「ツケ払い」と同じく欲望先行の買い方

4:「ボーナス払」いと同じく、持ち金より借金の方が多くなる

などなどたくさんあります。

 

この「リボ払い」は、わたしでも若いころスグに損だと気付いたので、

やったことがありません。

多重債務の入り口になりますよね。

とくに若いサラリーマンなど、

はじめてクレジットカードを持って買物した人が、

お店でカッコいい(カワイイ)店員さんにニコッと笑って、

「お支払いはいかがいたしかます?リボにしますか?」

何て言われたら、「リボでお願いします」と、

言ってしまいますよね。 

注意しましょう。

 

リボ払いの特徴と利用上の注意 | クレジットの利用 | 消費者のみなさまへ | 一般社団法人日本クレジット協会

 

わたしは自分が持つクレジットカードを、

実は「リボ払い」の設定にしています。

金額は限度額いっぱいにして。

そうすると支払いは結局、翌月一括と同じになり、

年会費が安くなるメリットがあるからです。

 

わたしは自分の子供は、

喰える人間にすること、

だまされて搾取されない人間にすること、

をしたいです。

事前にお金のこと(稼ぐ、使う、増やす)、

相手の買わせ方にだまされると、自分が損をする場合があること、

などを話しておきたいと考えています。