あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

『ディスク・ガイド本』に弱い

『ディスク・ガイド本』が好きだ

f:id:hiroyama777:20170502172033j:plain

昔から『ディスクガイド本』が大好きで、

同じような中身をいくつ買ったことか。

値段がクソ高いので、痛いところではあります。

1:プログレ

2:ジャズ

3:クラシック

4:ハードロック

5:メタル

6:パワーポップ

7:AOR

8:サントラ

9:日本のロック

などなど・・・・オールジャンルでさまざま。

本屋で見かけると、つい買ってしまいます。

 

ページをめくり、

このアーチストのコレ聞いたことが無いな、

コレはどんな作品なんだろう、

このジャケットはデザイン最高だな、

何て思うと、妄想が膨らみ、

amazonディスクユニオンの思う壺です。

何回ヤッチマッタことか?

良い『ディスク・ガイド本』とは?

f:id:hiroyama777:20170502173220j:plain

満足度が高い本とヒドイ本があるのですが、

なるべく騙されないようにしています。

 

良いディスク・ガイドとは?

1:資料価値が高い(英米のチャート順位)

2:同じアーチストであれば、名作も駄作も最新作まで全て網羅している

3:カラーでジャケ写をきっちり紹介

4:書き手の個人的な偏見は無し(ブログじゃないので)

よく70年代に活躍して、現在も現役のバンドなど、

古いモノは紹介して近年はチャートにも入らないので、

紹介していないというものがあります。

ほとんどが、そうです。

わたしは全部紹介して欲しい派です。

そのアーチストの全ての作品を知りたいので。

買う・買わない、良い作品・悪い作品の判断は、

こちらに任せてほしいのです。

どんな時に読むのか

f:id:hiroyama777:20170502173252j:plain

1:暇なとき(・・・あいすみません)

2:トイレで

3:寝る前

4:CDを聴いているときに確認のため

5:amazonでポチッとやる前

4と5が多いですね。

 

4は、そのアーチストの情報を確認のために、

よく聴きながら見返します。

輸入盤で購入したものなど、邦題確認にも使えます。

 

5は、まさに購入時に重要度順に購入しないと、

コストに限りがありますので、どんな作品かを

一応調査します。

でも、悪い評価が書かれていても、

自分で聴いてみないと、

その作品が良いか悪いかは判断できないので、あまり気にしません。

買う時は、買います!

最近 本屋で出会った『ディスク・ガイド本』

f:id:hiroyama777:20170502172102j:plain

メタルの古典100枚ですって。

あーあ、買っちゃいました。

お金払う時に、日本中でこの本を買うのは、

わたしただ一人じゃないかと、一瞬不安になりました。

 

英国と米国のハードロックアルバムの紹介が多いので、

知っている作品が多かったのですが、

好きなアーチストは確認のために購入。

こうなると音楽が好きで買っているのか、

ガイド本が好きなのかは、わからないですね。

そのうち、

『ディスク・ガイド本』を紹介するガイド本なんて出てきたりして

・・・・・そうなったらトホホですね。

 

今回も名盤とどの本にも書いてあるのに、

まだ聴いたことが無いアーチストがたくさん有り、

それをyoutubeで確認しています。

良い時代になりました。

 

これからも、『ディスクガイド本』には、

やられちゃいそうです。

まだ聴いたことが無い音楽へ、わたしを導いてくれる本ですので。

 

休暇中にガイド本を見返していて、紹介してみました!