あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

わたしの背中を押す「好きな言葉」の収集

言葉とも出逢いがある

モヤモヤした時や、思いを上手く表現できない時。

思考と行動が一致せずに、停滞感を感じた時。

とくにかく、やっちゃえ!とふんぎりたい時。

あなたは、自分を押してくれる言葉を持っていますか?

 

わたしは、雑誌や新聞のインタビューなどで、

コレは良いことを言ってるな、

これは今の自分には刺さるな、

という時に、その言葉をメモしておきます。

スマホ時代は、本当にツールが便利になり、

メンタル強化にも簡単に有効活用できてありがたいです。

どんな言葉を収集するか

好きな言葉との出逢いは偶然です。

一期一会。

出逢った時に、大切にしないと、もう2度と出逢わないことも多々あります。

アンテナにピピッ!ときた時に、

ひと手間かけて収集(メモ)しておくのです。

 

好きな言葉の選択方法は・・・

1:今の自分の気分に刺さればよい

2:前後の文脈は関係なく、その一言が好きだ!でOK

3:嫌いな人の言葉でも、時には良いフレーズがある

4:話の流れの中の何気ない一言が、自分のための一言になる

と、考えています。

セレンディピティを発揮する

アメリカのラブストーリー映画にありましたね、

このタイトルの作品が。

内容はイマイチだったような、記憶が有りますが(笑)。

Serendipityセレンディピティ

偶然の出逢い。

予想外の出逢い。

予想外の価値の発見。

そんな感じでしょうか。

 

時には言葉の方から、

自分の心の中に飛び込んでくることもあります。

別の目的でやっていたことの中から偶然に、

・とても役立つこと、

・自分を高めてくれること、

・自分の背中を押してくれること、

を得ることができる。

良い言葉との出逢いは、力を得ることにつながるのでしょう。

わたしの好きな言葉

「あがり症」「緊張症」である自分のメンタルに効く言葉

わたしはプロのスポーツ関連の、本や雑誌を読むのが好きです。

プロ・スポーツは究極の肉体を駆使するものですが、

メンタルの部分も密接にかかわっています。

 

①『 最高のパフォーマンスを、見せるためには、準備が重要です 』

  小笠原 道大:中日2軍監督(選手時代・巨人在籍時のインタビュー)

 

②『 勝つための準備を日々怠らずにやる 』

  ネルシーニョ:サッカー神戸監督(柏レイソル監督時のインタビュー)

 

③『 難しい試合になればなるほど、彼女たちは、知性と勇気、

   アグレッシヴさをみせた。

   自分たちの長所を存分に発揮するために、

   コンプレックスを抱かず勇気を持つ。

   相手の名前が何であれ、どんなプレーをする相手であろうと、

   決して恐れない。

  どんな時にもノーマルに行動し、ノーマルにプレーする事が大切だ 』

  イビチャ・オシム:元サッカー日本代表監督(なでしこジャパンの試合後)

 

④『 サッカーでも人生でも、うまくいかない時は来る。

        苦しい時に、全てをネガティヴにとらえるのはおかしい。

   我々の仕事は日々の積み重ねで、

   自分はどうあるべきかを証明していくものだ。

   自分の力を信じ、つねにポジティヴであるように心がける。

   その作業を地に足を付けて継続的していけるかが大事なんだ 』

  ペドロヴィツチ:サッカー浦和レッズ監督(広島監督時のインタビュー)

 

これらの言葉は「あがり症」「緊張症」の自分にとって、

勇気を与えてくれる言葉であり、

準備というルーティンの大切さを、再確認させてくれる言葉でした。

身体とメンタルは、表裏一体なのです。

 

心の幅を広げてくれる力が言葉

⑤『 愛、許すこと、分かちあうこと、尊敬すること 』

  JC・ビバー (ウブロCEO)

⑥『 守る。深く考える。直感を信じる。』

  トーマス・バーバリーバーバリー創業者)

⑦『 問題の解を簡単に求めるな。人生で、大切なことの大半には正解など無い。

   必要なのは決意する意思で、生きるという事は正解の無い問いの、

  正解を求め、悩み、努力することだ。

  正しい生き方とは、正しい悩み方の別称であろう 』

  養老孟司 (解剖学者)

⑧『 人生は恐れなければ、とても素晴らしいものだ。

   人生に必要なもの、それは勇気と想像力、そして少しのお金だ 』

  チャールズ・チャップリン

 

⑤は英語で、

love , forgivness ,sharing ,respect

良いですね。この言葉の並び。とても好きです。

 

⑦は出逢ったのは新聞記事でした。10年近く前だと思います。

読んでて、心に強く残り、メモしました。

生きることは、悩むこと。その悩みの正解は無い。

自分を決めるのは、決意する意思だ!という意味ととらえました。

その後、養老先生の本がマイブームとなり、何冊も読んだ記憶が有ります。

燃える言葉

⑨『 脳みそが、ちぎれるぐらい考えろ 』

  孫正義ソフトバンク社長

⑩『 挑戦して乗り越える。それは人が持って生まれた力だと思う 』

  ジョゼップ・グアルディオラマンチェスター・シティ監督

   (バルセロナ監督時代のインタビュー)

⑪『 無鉄砲な自分であり続けたい。

  無自覚であることは、時に力になる 』

      マッシミリアーノ・アッレグリユヴェントス監督

   (ミラン監督時代のインタビュー)

 

⑨の孫社長の言葉って、優秀なアスリート集団の監督の言葉に近いですね。

まさに熱い男、アツオ!です。

 

⑪は当時、型にはまってきたことを自覚してた時でしたので、

もっとはみ出してしまおうと、背中を押してくれた言葉でした。

変わり種

⑫『 一人にとっての行き止まりは、別の一人にとっての扉である 』

⑬『 失敗について考えるのは、失敗を招く元である 』

 

格言ぽいでしょう、この2つ。

これは誰の言葉だと思いますか?

 

実は・・・小説のセリフです。

⑫はベストセラー作家であるジェフリー・ディーヴァー

ミステリー小説『リンカーン・ライム』シリーズの一遍、

2002年の第4弾『石の猿』の中に書かれていた、

主人公の科学捜査官ライムのセリフです。

彼は身体が事故で麻痺しており、

捜査官たちが集めた現場の証拠のみを用いて、難事件を解決していきます。

このシリーズはどれから読んでも面白いので、

ミステリーファンで未読の方は、ぜひご一読をお奨めします。

 

⑬はマイクル・コナリーの『ハリー・ボッシュ 』シリーズの

第3弾『ブラック・ハート』の中にある、

主人公のLA殺人課刑事ボッシュのセリフです。

このボッシュシリーズはamazonプライム・ビデオで

オリジナル映像化が行われていますので、ご覧下さい。

主人公のボッシュは、一匹狼の刑事です。

小説シリーズの最新作では、

60代になり定年問題が語られるようになってきている、

人間の成長を描く物語でもおあります。

 こちらは小説でも映像でも楽しめる作品です。

効く言葉を集めよう

インタビューだけではなく、

映画や小説のセリフでも、時々はっとするものがありますよね。

SNSを他人をけなす道具にして、

公衆便所の落書きしている人は理解できないと思いますが、

ブログも良い言葉があふれています、

言葉の持つ力には、有名無名は関係ないのです。

 

そんな言葉ですが、

感覚を研ぎ澄ませていないと、何気なく聞き流してしまうものです。

世の中に言葉があふれている時代に、

自分の背中を押してくれる言葉を収集し、

時々それを読みかえして、

自分の心にパワーを注入する。

 

これってとても簡単な自分のメンタルのために、

やれることですので、お試しください。

また、良い言葉が有ればぜひ!教えてください。

(それでは・・・あいすみません)