あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

ジムの小話:『筋トレ』みな兄弟!挨拶や雑談は素晴らしい!

今日はささやかながら、よいことがありましたので、ご報告。

ジムで70代の筋トレマンに挨拶開始

いつも筋トレで一緒になる、たぶん70歳くらいのおじいさんがいます。

おじいさんと言ってしまいましたが、

この方は、長年の鍛錬でまだムキムキしてます。

わたしより重いウエイト上げて、追い込んでいるベテランです。

身体のいろんな部分の細かい筋肉を、丹念に鍛え上げていきます。

わたしなんかは、

「とりゃー」「うりゃー」「そりゃー」みたいな、

筋トレなので、行き届かずまだまだです。

 

そんなこの方と、一緒に並んでダンベル上げることが、

今までも何回もあったのですが、

いつも目を合さないようにされるので、

「ああ、たぶん話しかけられたくないんだなあ」

「わたしみたいな、チャラチャラした中年は嫌いなんだなあ」

とお気持ちを察し、

お声をかけずに、ご配慮しておりました。

何年も・・・。

 

二人でベンチに並んだ時には、

声もかえずに黙々と自分の作業に没頭です。

そこにあるのは、ダンベルやバーベルの金属音と、

お互いの息づかいのみ。

 

こういうのも悪くないですね。

顔は知ってるし、

お互いがどんなレベルかも良くわかっているが、

声はかけない間柄。

 

しかしながら、

わたしもダウンシフトして余裕が出てきたこともあり、

ジムでお目にかかる頻度も上がりました。

ということで、

たまにお見かけするというよりも、けっこう一緒ですね、

という感じになったわけです。

わたしは心の中で

「おお今日もおられるな」という感じです。

 

で!どうしたかというと、

2カ月ほど前より、

こちらから挨拶してみることにしました。

 

人見知りで「あがり症」の中年であるわたしと、

無口な老人・筋トレマンのコミュニケーション。

共通点はお互いに重いダンベルを持ち上げることを、

人生のルーティンとしていることです。

2か月前

「おはようございます」「こんにちわ」

お目にかかれば、一声挨拶をするようにしました。

最初に挨拶した時から、

「お前と友達になりたかったんだよ、ワシは」とか、

「よしよし、君もしっかりと鍛えてるねえ」

などという返答をいただき、

世代を超えた親友になりました。

めでたし・・・めでたし・・・。

などということはまったくなく・・・ぜんぜん反応が無かったです。

ただ、わたしのことを、目視はしてくれました。

 

たぶん胸中を察するに、

「何?こいつ」

「いきなり?なんだ??」

みたいな反応でしょうかね。

と言うか、まあ反応なし・・・です。

 

わたしはめげずに、

ロッカーやジムの中ですれ違えば、

相手の目を見て挨拶を続けました。

もちろん不快にならない程度に、

わざとらしくもなく、

スマートな、これぞ大人の対応っていうやつです。

1か月前

あまりにも反応が無いので、

やっぱりやめようかな、

慣れないことはするもんじゃないな、

と心の中で思った日々が続いた、ある日のこと。

 

どうしようかな?と思いつつも、

すれちがったので、

これでだめなら止めようと思いながら、

「おつかれです」とお声をかけました。

 

すると・・・。

「フムフム」とうなずいてくれたのです。

「おおおおおお・・・・反応返してきたよ」と思った

わたしは、ここがチャンスと、

深い自己紹介を行い、

「君もたいへんだねー」などと言っていただいたのです。

めでたし・・・めでたし・・・。

・・・・ということは、今回も実はなく。

その「フムフム」で満足し、

その日の筋トレは終了しました。

そして今日!

そんな「フムフム」や「ウン」などの、

小さな反応をいただきながら、

コミュニケーションを深めてきた、わたしたち。

 

わたしが、

今日も、ダンベルを持ち上げて、

脳内麻薬をさく裂させていた時です。

 

あの方が後ろから現れて、

「コンチワ、今日は空いてるねー」とおっしゃったのです。

わたしは心の中で感動しつつ、

「お疲れ様です。そうですね・・・雨だからですかね」

と答えました。

 

映画だったら、

ここで感動的な音楽がかかり、

わたしの笑顔のアップで、

エンドクレジットがはじまる感じでしょうか。

主題歌ならコブクロがいいですね。

感動作ですから。

 

別にこの後何か会話をしたわけではなく、

これだけの話なのですが、

数年前から顔だけ知っていた、

筋トレの大先輩とようやく挨拶が交わすことができて、

「よかった、よかった」と、

思った次第です。

挨拶や雑談は素晴らしい

ある組織や集団の中で、

自然な挨拶や、時々の雑談は、

とても役に立ちます。

相手の仕事を邪魔する、しない、の節度は大切だと思いますが、

わたしは雑談・肯定派です。

 

別に話題が豊富とか、面白いネタをいつも披露するとかは、

必要ないです。

雑談力みたいな本もありますが、

そんな準備する必要はありません。

 

ちょっとしたこと、

お天気でも、食事のことでも、観たテレビのことでも、

何でもよいのです。

「昨日みたニュースでさ・・・・」

「コンビニのアレたべたことある?・・・・」

「今日は急に寒いよね・・・・」

こんな感じ、どうでしょう。

時々みんなで、雑談しましょう・・・。

(それでは・・・あいすみません)