あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

毛虫皮膚炎になってしまった・・・トホホ(閲覧注意の写真付き!)

いやー最悪です。これぞ本物の最悪。辛い一週間でした。

わたしは何も悪いことしていないのです。ヤバイところも行ってないですし、アウトドアな活動もしていない、普通に街で日常生活を送っていました。

DAY1:異常に気が付く

ところが!!!ある日の午後「どうも首の後ろがチクチクするなあ」と思い、みてみたら、多数の赤い発疹が。「なんじゃい。これゃあ」子供もヤバイ状況になってると言っています。

f:id:hiroyama777:20170612100410j:plain

とりあえず近所で見つけた、内科の医者に行くことにしました。外せない用事が有り、皮膚科を探す時間が無かったのです。内科の先生「何に反応したのかな?首だけですよね」。わたし「そうです。首以外は発疹でていません」

・着ていた服のタグか?

=当初これを一番疑いました

・昼に食べた弁当か?

=全身に出ていないので違うかな

・どこかで何かの化学薬品が付いたか?

=これも服ですかね

この時点で、虫は見かけていないので、虫系は候補には上がりませんでした。

 

原因不明の中、花粉症で耳鼻科に『ザイザル』を処方してもらっていたので、それをそのまま飲むということと、『リンデロンVG軟膏』という薬をもらい、対処することになりました。熱い風呂には入らない、お酒は飲まない、という助言ももらいました。この日は風呂には入りませんでした。

 

また夜は痒くて眠れないので、アイスノン(氷枕)を首にあてて寝ました。これは大正解。冷やすと、かゆみがとれます。深夜にアイスノン1号の効果が無くなると、また痒くなったので、アイスノン2号に交換しましたが、眠れました。

DAY2:かゆみにひたすら耐える

2日目は起きてすぐにぬるいシャワーを浴びて清潔にしました。冷やしていた効果も少しあったのですが、しかし昼間に太陽にあたり汗ばむと、さらに、症状がどんどんひどくなり、赤い発疹は、周りと一体化し、大きな腫れとなり、ジンジンしています。

 

とにかく、かゆい、カユイ、痒い・・・ウー。強くかくと皮膚を傷つけ膿んでしまうので、ひたすら耐えるしかない。

f:id:hiroyama777:20170612101440j:plain

永遠に痒いという症状は、本当につらいのです。慢性の皮膚炎の方の苦労が分りました。

DAY3:皮膚科に行く

冷やして何とか寝たのですが、どうも症状が治まりません。午後時間ができたので、ようやく皮膚科を探して行く事が出来ました。そこで先生に聞いた驚愕の原因は!

 

先生「毛虫だね」

わたし「毛虫なんか出会っていませんけど」

先生「空気中に飛んでいた、毛虫の毒毛が刺さったんでしょう」

わたし「そんな・・・ことが・・・あるのですか・・・」

原因は飛んできた、毛虫の毒針毛でした。

 

先生が言うには

1:刺されたらすぐに肌を洗う=毒毛をおとす

2:発病に気づいた、前2日間の服を洗濯する

=洗濯の前にガムテープで、毛を落とす作業をすることも検討

=ほかの人の衣服と一緒に洗わない

が重要とのことです。

 

わたしは、どちらもしなかったので、重症化したのです。あー知識が無かった。初動に失敗しました。

 

今回いただいた薬は、『マイザークリーム』と『セレスタミン』です。『セレスタミン』は花粉症がヒドイ時に飲んだことがあります。効果が強い薬に変わりました。これでかゆみが緩和される、とのことでした。

DAY4からDAY5:かゆみがとれる

1:シャワーを浴びて清潔を心がけ。

2:部屋に冷房を入れて、汗をかかないようにし。

3:薬を朝晩のみ。

4:軟膏を適宜塗り付け。

5:夜は冷やし。

ようやく辛いかゆみが、とれました。

 

f:id:hiroyama777:20170612102425j:plain

発疹もつながって膨らんでいた状態から比べると、よくなってきました。

DAY6:活動再開

まだ観た目的には赤い発疹が残っていますが、それでもだいぶ肌も落ち着いてきました。かゆみが抜けたのが、最大の治療効果です。

f:id:hiroyama777:20170612104202j:plain

仕事的には、襟付きのシャッツを着れば、観た目は隠せますね。ジムでの『筋トレ』は、他人にはうつらないのですが、周りの人が嫌な気持ちになると悪いので、もう少し赤みがひくのを待とうと思います。あーダンベル上げたい・・・1週間もやっていないので禁断症状。

もしも毛虫皮膚炎にかかったら:まとめ

1:ぬるめのシャワーをあびて、すぐに全身を洗浄

=熱い風呂はNG

2:着ていた服を、他の人のものとは別にすぐ洗濯

=ガムテープで毒針毛を先に取ると尚可

=毒針毛による家族の2次被害を防ぐ

3:医者に行く

=かゆみの緩和が重要(薬で確実に緩和できます)

=強くかき、肌を傷つけると治らなくなる

=2のケアをすれば、発疹そのものは他人にうつりません

4:夜寝苦しい時は、アイスノン(氷枕)が効果大

=冷やすと、マジでかゆみを気にせずに眠れます

5:お酒は飲まない

=薬を飲むので

 

観た目も肌がヒドくなる症状ですのできついですが、きちんと対処すれば1週間程度で、何とかなりました。(わたしは初動で失敗した)

 

まさか、毛虫の毒針が飛んできて刺さるとは・・・・知らなかった。今後気を付けようが無いですね。事故です、これは事故。もう一度言わせてください・・・・マジでトホホ。

(それでは・・・あいすみません)

www.aisumasen.com