あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

簡単に怒り狂うな!アンガーマネジメントは『筋トレ』で!

f:id:hiroyama777:20170922155103p:plain

怒り狂うとは、まさにこのことです

すごいですね、埼玉県選出の自民党女性衆議院議員の部下に対する発狂状態。完全に頭のネジが飛んでいます。この自民党の人(離党したらしいですが、でも自民党だもんね)仕事でストレスを受けるとそのたびに、部下の秘書の人にそれをぶつけて解消していたんだろうな。暴言と暴力で、近くにいる立場の弱い他人を支配する。あれがあの方の、ストレス解消方法だったのでしょう。

あー怖い。いきなり発狂して狂暴化する人がそばにいたら、本当に怖いです。怒りのコントロールができないと、どんなに勉強してきた人でも、あんなにも壊れてしまうのです。

前に、「怒る」「いばる」「すねる」は、人生の足を引っ張る3大悪と書いたことが有ります。

この自民党衆議院議員の人、車の中で部下の秘書に対して、見事に全部披露しています。それも最悪のところまで。

自分の失敗を思い出すと恥ずかしい

そんな自分も過去を振り返ると、怒りが理由で、行動したり、言い放ったりしたことで、後悔していることが沢山あります。あんなこと言わなければ良かった、あれは余計な行動だった、あんなメールうたなければよかった、などなど・・・あー激しく反省。

自分の怒りで他人に迷惑をかけた時のことは、なぜか細かく覚えています。後悔してるからでしょう。思い出すと、恥ずかしいです。そんな人に駅でばったり出会ってしまった時は、「その節はすみません・・・」と素直にお詫びから入ります。

自分が受けた体罰も覚えている

逆に自分が40年も前ですが、世田谷区の小学生の時に教師から受けた体罰のことも、いまだによく覚えています。これは肉体的な体罰と精神的な体罰

いまだに悔しい。あの先生は絶対にその日の自分の気分で体罰したと、当時から思っていました。周りの友達にも当時、あれは先生がヒドイなと言われました。当時で40代後半でしたので、もう年齢的にはお亡くなりだと思いますが、名前も顔もこちらは未だに覚えています。あー悔しい。

怒りで壊れないための方法1

怒りに身をまかせた行為で、自分がしたことの反省と自分がされたことの悔しさ。怒りをコントロールすることは、人生をより良きものにするために、とても重要なことだと思います。

しかし怒りのスイッチは人それぞれです。許せる許容量も違うし、怒りだすポイントも違います。

では壊れない様にどのようにするのか?

1:怒った瞬間の対処をコントロールする方法を身につける。

2:普段から怒りのタンクを空っぽにしておく。

ということが、できればと自分は考えています。

でも1は本当に難しい。よく6秒我慢とか、本に書いてありますが、この6秒が我慢できずに、パッと反応してしまいます。逆に言うと、6秒我慢できる人は、怒りっぽく無い人です。そんな、わたしがすることは、大きく深呼吸することと、時計や身に着けているものを意識すること、文字化することです。深呼吸は頭に上った血を下げてくれるので、効果が有ります。時計など毎日身に身に着けているものを意識するのは、それを怒ったときのルーティン化することで、「自分はいま怒っているから、言動に気を付けろ」と脳にシグナルを送るのです。文字化は当然相手のメルアドなどは入れずに、クレームレターのように怒りの気持ちを書いていきます。それを書き終えて、読み返します。怒った瞬間から何分かたってるので、もう別にメールしなくていいやと思えて、それを消去します。完璧ではないかもしれませんが、これが わたしの怒った瞬間の対処方法でした。

怒りで壊れないための方法2

では2は方法があるか?これはあります!(断言)・・・『筋トレ』の習慣化です。

習慣化することで、怒りを抱えた人は、心と頭にたまった怒りを定期的に吐き出すことができます。リセットできるのです。速効性も有ります。頭に来た時、許せないと思った事があった時こそ、予定を変更して、その日はすぐに『筋トレ』に行きましょう。その怒りを、自分にぶつけるんです。自民党の人も、あんなに怒ってるのなら、それを他人ではなく自分にぶつけて『筋トレ』したら、速効腹筋が割れますね。(逆にこういう人の筋肉が強くなったらもっと面倒かな・・・??)

逆に怒り任せの他人にやられてしまった人は、やりかえせる、または2度とやられないようにするためにも『筋トレ』をはじめましょう。どんな細い方でも、確実に体力が付きます。会社や街に、沢山存在している いじめっこ系の人は、弱そうに見える者に、怒りをぶつけてストレス解消を狙いますから。

わたしは、毎日の『筋トレ』で、加害の危機も被害の危機も、かなり回避できると思っています。心と頭、身体のバランスを調整して、悪感情を貯めない、怒りを貯めない、そんなアンガーマネジメントができれば、人生はより良きものになると信じています。

(それでは・・・あいすみません)

 

www.aisumasen.com