あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

日曜の夜にお腹を壊して思い出すこと・・・

久々に日曜の夜にお腹を下しました。

自己分析ではメンタルではありません。

土曜の夜に脂っこい夕食をとってしまったこと、

日曜は朝から熱中症注意報が出るほどの暑さで、

冷房による冷腹と水分補給の関係が、

理由ではないかと思います。

せっかく身体鍛えているのに、

体重が落ちてしまうのでもったいない!

 

で、そんな時にトイレで何を思い出したかというと、

「日曜の夜の下痢かぁ~、

会社で仕事していた時は本当に多かったなぁ」

というものでした。

 

もともと「あがり症」「緊張症」の気があるわたしです。

サラリーマン時代は、

上下関係の面倒や、

苦手な団体行動の連続にまいっておりました。

あー今週はあの宴会がある、

あの会議がある、あの人から会食に誘われている、

役員会に呼ばれている・・・などなど、

他人にばれないようにしながら、

内心こんなことばかり考えていたのです。

 

自分を他人から支配されないようにするために、

全力でポジションチェンジして、

雇われる側から雇う側になってからは、

この月曜病というか日曜夜病は、かなり軽減しました。

それでも時々症状が出たことがあります。

同じような、パーティー、宴席、宴会、講演会、

業界団体などのイベントがある週です。

 

ここは以前も書きましたが、

自分が発表や挨拶などを求められるかを分析して、

行く、

逃走する、

ことの2時間ほど前に心臓のドキドキを抑えるために薬を飲む、

念のために話す内容の事前準備する、

などの対応を検討し実行します。

 

あー面倒ですね。

人生というやつで、

「あがり症」「緊張症」の人と、

そうでない人の間には、

生きていて神経をすり減らす量の差がかなりあるのです。

 

でもこれは、もって生まれた気質なので仕方がない。

別に暗くなったりはなりません。

一日一日、

一件一件、

深く検討し、

丁寧に対応する!

これしかありません。

 

そして月曜の朝・・・、

サラリーマン時代は日曜の夜に腹を下した時には、

あえて早く起きていました。

そうですね、家を出る2時間前くらいでしょうか。

そして腹の具合がどんな感じかを、

様子をみます。

行けるなと思えば、早めに出てしまい、

とりあえずオフィスまで行ってしまいます。

そうすれば安心。

 

うん?今日も調子悪いなという時には、

おさまるのを待つしかないです。

メンタル的なものなので、

月曜朝の通勤ラッシュを避ければ、

落ち着いてきます。

月曜のAMは、

お客様との打ち合わせは入れないと決めていました。

月曜のAMは生産性とか度外視です。

先に確率の高い最悪のケースを想定して、

スケジューリングをしていました。

それができる自分であるように、

普段は結果を出して、

周りから文句言われない様にしていたのです。

 

ちなみに

腹を下した時の薬は『新ビオフェルミンS』一択です。

下痢止めは飲みません。

ビオフェルミン』って本当に効くのか、

スグ効くのか、微妙ですが・・・なんとなく。

 

今日の朝は・・・・、

ダウンシフトをして自由を買った身ですので、

特にあわてる必要もなく、

他人にも迷惑かけないので、

体調とゆっくり相談してから出かけました。

高いコストですが、これは得たモノですね。

 

これから夏本番です。

心身ともに、鍛えたり、緩めたり、

上手に管理していこうと思います。

(それでは・・・あいすみません)