あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

面白い映画はここで探せる!わたしが活用する『映画予告編』を楽しめるサイトTOP4

今回はわたしがフル活用している『新作映画予告編と映画情報を確認できるサイトとブログ』を紹介させていただきます。

f:id:hiroyama777:20170921141652j:plain

 (1)ホラー映画好きなら

夏ですね、ホラーの季節です。ということは最近無くなりました。とにかく1年中・世界中どこでも・ホラー映画は量産されています。何でだろう?

① ビジュアルで見せるので、言葉の壁を越えやすい。

日本語でも、韓国語でも、スペイン語でも、フランス語でも、英語ではなくローカルな言語でクリエーターが制作しても、世界中で上映されやすいのではないか?と推測しています。それで当たると!ハリウッドに呼ばれて大金持ちで、女優と結婚できて、豪邸を持てて・・・・夢です。

② スター俳優がいらない

怖ければいいわけです。斬新で怖くて面白い、これが目標。お金がかかる俳優、雇うと現場で面倒なスターはいりませんね。コストもダウンできて現場もスムーズ。クリエーターにとっては最高の環境です。それで当たると!・・・以下①と同文。そんな感じでしょうか。

『ZOMBI手帖ブログ』

ZOMBIE手帖ブログ

 今回推奨します、ホラー映画の新作をサーチできるブログです。定期的に新作予告編を、一言コメント付けてまとめてくれているので、確認しやすいです。ブログの運営している方は、ホラー映画が大好きなのでしょう。ホラー愛が、にじみ出ています。

朝さわやかな目覚めと共に、「最近はどんなホラー映画創られえているかなあ~」などと思った日は、このブログへ直行すれば、「マジ!やべー」とか「これはヒドイ」とか、活力と刺激を脳に与えてくれます。

(2)全米公開の新作を追いかけたい人は

とにかく最新のアメリカ公開情報が知りたい。予告編を観まくりたい。「わたしって、情報通だもんね」と威張りたい人は、このサイト一択でしょう。

itunes Movie Trailers』

iTunes Movie Trailers

最新の予告編がどんどん更新されるので、暇なときはこのサイトを眺めていると、そのシーズンの映画予告がほとんど観ることができます。メジャー・スタジオも網羅されていますので、トム・クルーズの新作でも、スター・ウォーズの新しい予告でも、いち早くチェック完了!とても便利です。暇つぶしにも最高。

また日本では上映されないかな?と思われる、アート系作品やドキュメンタリー映画の予告も豊富です。古いものから削除されていくので、定期巡回したほうが良いサイトです。

(3)東アジア映画に興味がある人は

中国映画の制作予算がものすごいですね。どんな作品でも製作費が20億ー30億円。台湾映画も最近は質が上がっているようです。香港は中国大陸に連動されたので、地盤沈下してますね。韓国映画は相変わらず、スターがエグイ企画でも出演するので、女子高生+タイムスリップとか、女子高生+難病とか、みたいなティーンを対象にしている企画にかたよらず、いいですね。なんてことを知りたいアジア映画ファンにお勧めサイトを紹介します。

『東亜電影速報』

東亜電影速報|中国映画,香港映画,台湾映画,韓国映画,日本映画のランキング情報

元情報誌ぴあの編集長の方が運営されています。中国・香港・台湾・韓国・日本の映画情報とランキングのサイトです。解説文も詳しく、「へー今こんな映画がヒットしてるんだ」と調査できます。日本公開の予定がバッチリなのは、さすが!元ぴあさん ですね。

わたしの使い方として、ランキングの原題をコピペしてググれば、予告編が探せます。それで予告を確認したりしています。原語で書かれたタイトル名で「なんだ?この映画」って思った時など、韓国語や中国語の検索にとても便利なサイトです。

(4)マジでこんな日本映画あるの?と驚きたい人は

一年間に公開される日本映画の本数は?=610本です(2016年)。コレは日本映画だけの数字です。洋画も合わせれば1,149本。365で割ると、毎日新作が3.147本公開されているわけです。しかしその公開作品の内容は・・・・ほとんど観ると後悔する映画ばかりです(あいすみません)。

そんな後悔を、たぶん自腹で映画館で鑑賞し、評論してくれているのが、翻訳家で有名な柳下さんの映画サイトです。

柳下毅一郎の皆殺し映画通信』

「殺しの映画レビュー」というコーナーに紹介される映画は、それを読むと思わず笑ってしまう内容のモノばかり。「いや~映画って本当にいいものですね。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」な感じです。自分でも何書いているんだか、わかりませんが。そのぐらいこのサイトで紹介される日本映画は、ある意味すごそうなのです。

筆者である柳下さんの文章レベルがとても高いので、その映画は一生観ないのですが、観なくても読めば楽しめるサイトです。文章力は重要ですね。

 

以上です!映画好きなら、知っているモノばかりかもしれませんが、わたしがよく活用しているサイトとブログの紹介でした。

(それでは・・・あいすみません)

 

ps:トム・クルーズが、ほとんどジャッキー・チェン化しているという噂の『マミー』というミイラ・ホラーの予告を(2)のサイトで観て、何故か?観たいという気がしてきました。予告の力はあなどれません・・・。

 

www.aisumasen.com