あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

埼玉ダービー観戦:今年の浦和レッズは激動です

埼玉ダービーに行ってきました

f:id:hiroyama777:20170807164159j:plain

数週間前に「監督変わってたりして」なんて、息子に冗談言ってたら本当に変わってしまいました。

そして、よし!逆に大宮との埼玉ダービーのチケットGET済みなのだから、新しい体制の試合を観てから感じた事を自分に問うてみよう、と思っていたわけです。

するとダービー翌日には、今度は関根選手のドイツ移籍発表が!今一番活躍が期待できる伸びている選手の離脱、「おー今年はいろいろあるなあ~浦和レッズ」という、怒涛の状況になりました。

先日のダービーは新監督の初陣です。堀監督は長年コーチを務めている方なので、いきなりテレビの人気OB起用などという、名古屋の失敗は繰り返されませんでした。

f:id:hiroyama777:20170807164459j:plain

あーよかった。巨人だって張本さんや江川さんをいきなり監督にしないですよね。今の高橋監督の苦労は、準備不足に起因しているわけです。中畑さんはベイスターズで訓練を積んだので、わたしは今なら監督候補でOKですが・・・。レッズは巨人同様に毎年優勝を目指すチームなのですから。

試合の感想から言うと、守備面は改善効果有りと感じました。

1:ゴールの真ん前が手薄になるという、悪癖が改善

2:相手のカウンター対策もしていた

3:プレスが強化され相手が球をつなげない状況を作れた

4:セカントドボールの奪取

5:攻め急がなくなった

などです。大宮の状況がまだ新外国人選手との連携不足も有り、その分助けられたことは間違いありませんが・・・。(でも大宮の2人の新外国人選手は期待できますね)

f:id:hiroyama777:20170807165357j:plain

試合中のミシャ監督は手振りをみていると、マイボールになった瞬間に、上がれ、つなげ、前に送れでした。遅かったり、やらなかったりすると「何で?」と、不満をあらわしていました。

今回の埼玉ダービー浦和レッズは、ボールの前線への配給タイミングを、慎重に考えながら行っていると感じました。逆に言うと、ミシャ監督時代よりも、攻撃のスペクタクル性は減りました。

これはチーム状況が改善し、勝ち点が取れ始めれば、連動が良くなるのではないかと期待しています。今はメンタル面も大きいと思うので、積極的なレッズが戻ってくるのは、時間がかかるでしょう。

チョンボの失点シーンは、本当にがっかりです。スタジアムの全員が「あー」と悲鳴を上げて頭を抱えました。正直あれで勝ち点2を大宮にプレゼントしてしまいました。宇賀神選手と遠藤選手は日本代表ですよね。最後尾にいるのに、二人とも目線切る何てありえないです。たぶん次は代表は選ばれないんじゃないかな、と不安に感じるお粗末さ。

遠藤選手は疲れてる?最近パフォーマンス落ちています。西川選手も去年のマンチェスター・シティーのブラーボ選手のように、相手の枠内シュートがほとんど入ってしまうという悪循環。一度試合を外から観る状況も必要ではないかと思います。二人とも実力者なので、リフレッシュすれば戻ってこれるはずです。でも替えがいないというここは、チーム編成のミスがモロにでてしまうところです。後ろのDFの選手がもともといないので。MFはたくさんいますが。

ひとつのサイクルが終わりました

間違いなく、昨年のチームがピークでした。この戦術、このメンバーでは・・・。できればこの2-3年で連覇しておきたかったです。残念ながらカップ戦のみ優勝1回でこのサイクルが終焉したわけです。

魅力的でしたね。連動する、攻める、1-2点取られても、3点取ろうとするサッカー。面白かったです。ミシャ監督、退団したコーチの皆さん、ありがとうございました。

でも優勝できなかった。そして今年は戦術や狙いが相手にも研究され崩壊した、そのことから最後は一部サポーターの離反もあり、監督は首を取られたわけです。

浦和レッズは優勝回数も少なく、しかも何年も優勝していないので、実は日本を代表するビッグクラブでは、まだ無いとわたしは思っています。日本で初めて真のビッグクラブになれる可能性を持つ、数少ないチームというポジションでしょう。一日も早く、日本のバイエルンユヴェントスになって欲しいと、熱望しています。

鹿島やガンバが今年優勝すると、賞金額がデカいので、手残り含め浦和を収益で抜く可能性がありますね。それを補強や育成に回すと、すごく好循環になりますので、本当の脅威は来季です。

魅せて勝つ!を実現しつつ、来季に向けてどのような準備ができるのかを、今から徹底してもらいたいと考えています。

『広島組』という一部のファンの言い方は疑問に感じる

一部のファンの言説に、広島出身の選手が悪い、というものが根強くあります。でも柏木選手なんて、2010年のシーズンから在籍していて、もう7年目です。ミシャ監督より先に来ていたわけです。槙野選手はドイツのケルンを2年はさんで、2013年から5年目のシーズン。森脇選手も2013年から5年目。西川選手が2014年から4年目です。もう7年もいるのに、いまだに広島から来たから云々などと、書くのはいかがなものでか?「変なこと考えるな~」と思います。

サッカーは移籍がつきもののスポーツです。育成型のクラブは、大きいクラブに選手を売り、それを施設やさらなる育成に再投資して回すわけです。「何処のクラブ出身でも関係ないんじゃない?」と思いますね。ネイマールなんてねえ、バルセロナという世界一のチームから、パリに行くなんて驚きですよね。でも、あり得るのがサッカーです。

わたしはいま所属している選手を、信じて応援します。そうしないと、湘南からもう一人獲得したら、遠藤選手、菊池選手と『湘南組』ですよ?・・・今度は。そんなことは無いです。

来季に向けてフロントに後半中に着手して欲しいこと

1:リクルート

・高くて屈強で早いセンターフォワード

・同じくセンターバック=レッズは低いですね。相手との体格的なミスマッチが多いです。

2:アナリストの強化

相手チームの研究にも力を入れてほしい。今までは「相手は関係ない、自分たちのサッカーで・・・」という前回ワールドカップの日本代表と同じスタンスで、今一歩だったわけです。相手の強みと弱み、相手がレッズにどのように対策してくるのかを検討し、それを超える対策を行う、ということが不足していたと思っています(素人が・・・あいすみません)。もちろんレッズはアクションのチームであり、守備的なリアクションのチームではありません。ただ、これだけ毎試合失点していたら上位にはいけませんので、対策は必要だと思うのです。

3:選手起用

もったいない選手が沢山います。矢島選手、長澤選手、菊池選手、梅﨑選手、青木選手・・・交代枠の使い方含め、堀監督の手腕を期待しています。

 

ファンの愛情トークでした。レッズは、試合の前日練習まで全部公開し、それを金曜の夜にテレビ埼玉のGGRで、予想フォーメーション付きで放映するという、すごいチームなわけです。モウリーニョやペップ、コンテなら辞任するとか大問題でしょう。

そういう大らかさも素敵なのですが、今季は国内では来季のACL出場権とカップ戦をひとつは獲得してほしい、ACLはまず川崎に勝ってベスト4に名乗りを上げてほしいです。そして来季のⅤ字回復及び真のビッグクラブ化をはたすために、選手補強も含め今から準備を完璧に進めてほしいです。新監督の巻き返しを、大いに期待してます。できると信じています。

We are REDS!

(それでは・・・あいすみません)

www.aisumasen.com