あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

夏バテで、ダンベルがもち上がりません・・・

8月に入り夏バテを感じ始めました。

そんなに食欲が落ちたとか、夜眠れないとかでは無いのですが、

一番症状があらわれているのがジムの『筋トレ』です。

 

ジムで感じる『夏バテ』症状

1:今まで持てていたウエイトが重すぎると感じる

2:疲れてしまい、できていたレギュラー種目を全てこなせない

3:疲れてしまい、できていたセット数がこなせない

という感じです。

 

今週はジムに着く前には

「今日はやるぞ。追い込むぞ」と気持はやる気満々です。

しかし始めると、

「何か重いな」「のらないな」という上記の症状が顕著。

暑さに加えて、湿度ですね。

最近の日本の夏の厳しさは。

東京にもヤシの木生えますね、このままだと。

 

話が変わりますが・・・、

2020年の今頃は東京オリンピックです。

どうするんでしょう?

この暑さ。

選手は暑さ対策をどのようにするか?

観客も熱中症対策必要です。

ボランティアで都内の学生を強制動員するとか、

無料でかき集めるという情報が駆け巡っていますが、

この方たちの熱さ対策も考えておかないと。

 

わたしの『夏バテ」の現状としては、

体重が8月に入り2キロ弱落ちてきました。

わたしはダイエットはしてないので、

76キロ代から74キロ程度に落ちてしまい、

残念です。

自分的には75から78の間で、筋量をあげたいのです。

その分、体脂肪率も落ちたとは思いますが・・・。

 

そんな わたしの『筋トレ』の暑さ対策としましては、

1:ジムに行く予定は維持する

2:種目は同じ部位で、かぶっているものは減らす

3:ウエイトを追い込んだ後、少しだけ軽くする

4:セット数は体調を感じて減らすことを容認する

としています。

 

1のジムに行くという事は、とにかく維持します。

全部やめちゃうと、

やり直しになり逆に体力やパワーが無くなってしまうので、

維持ができる所までは継続あるのみです。

 

「今日は上がらないな、バテているなという時にはどうしてます?」と、

『筋トレ』コーナーにいる他の方に何人か聞いてみました。

ジムの『筋トレ』コーナーにいる年齢を越えた挨拶仲間です。 

皆さん、それぞれのやり方で暑さ対策をされているようです。

1:曜日により部位を完全に変え、追い込みすぎないようにする

2:ストレッチと体幹トレだけにする日をつくる

3:重さを減らす

4:ヨガ等のスタジオ種目を取り入れる

5:今までと行う順番を完全に変えて、身体に新鮮さを感じさせる

などです。

こういう何気ない会話も、お互いの励みになるのでいいですね。

 

5などは良いアイデアです。

今まで上半身から行っている人は、下半身から始めるとか。

筋肉が慣れてきている刺激と違う新鮮さを感じることで、

バテていた感覚が薄れる効果があります。

 

これからも

無理をせずに、正しいフォームで、正しく追い込み、継続する、

ということを意識して、

この夏を乗り切りたいと思います。

 

でも・・・本当に暑いです。

マジで大丈夫かな?オリンピック。

 

(それでは・・・あいすみません)