あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

ささくれが化膿して、指がくさって激痛・・・トホホ

さかむけが化膿し激痛、指が腫れあがる(ひょうそう)

今年は身体のマイナートラブルが多いです。いつもの年より、病院に行く回数が多くなってしまいました。足の指の骨折、毛虫に刺され皮膚炎、あー何故だ?くそっ!クソッ!

今回のマイナートラブルは、手の指です。爪の横にささくれ(さかむけ)が出来ていたようですが、ほっておきました。するとある日の朝、爪の横に痛みが・・・「まっそのうち治るでしょ、たいしたことないでしょ」とコレマタほっておきました。

するとその日の夜、正確には夜中ですが、指がズキンズキンと脈打つように痛くて、目覚めてしまったのです。それでも・・・やっぱり・・・ほっておきました・・・というのは1時間程度我慢できたくらいで、さすがに痛すぎて、これはほってはおけないと、チェックにはいりました。その時暗闇の中で思っていたのは、「指 切断は不味いなぁ~」ということでした。電気を付けて指を確認すると・・・「おーこれはヒドイ」。指先が見事な紫色で、爪の横には白い部分が出来ています。膿の塊です。素人が見ても、これは間違いなく化膿して重症化してしまった状態です。

そこで・・・まずは何をすればよいか、スマホで検索。間違った医療情報で騙されないように注意しつつ、この症状ですと医者に行くのであれば、皮膚科か整形外科のようです。これは “ひょうそう” という症状ですね。わたしの場合は、近所の皮膚科が1日全てをかけて行く覚悟を持たないとダメなくらい、メッチャ混みなので整形外科と決定。とりあえず痛みをおさえる為に、市販の鎮痛剤(イヴ)を飲み、あとは我慢しつつ再就寝。

整形外科での治療内容(1回目)

翌朝朝一で整形外科に行きました。その治療は・・・。

1:消毒

2:膿がたまっている白い所に針を刺し、膿を出す

3:絆創膏

4:薬(ジェネリック/5日分)

①セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「トーワ」=感染症対策

②ロキソプロフェンNa錠60mg「トーワ」=鎮痛剤

③レバミビド錠100mg「トーワ」ー胃薬

というものでした。「これで様子を見て、問題なければOK、ダメならまた来てね」という指示を軽く頂きました。

膿を除去する時は、針刺した上で腫れている指をギュっと医者がつまんで絞るので、それは痛いのなんの・・・泣きませんけどね。大人ですし、男子ですから・・・クー痛い。

整形外科での治療内容(2回目)

そして5日が経ちました・・・指は治りました、めでたし、めでたし・・・と言うわけにはいかず、相変わらず腫れて、何かに当たると激痛、再び膿もたまってきました。

f:id:hiroyama777:20171109144211j:plain

2回目の医者に行く前の指の状態

仕方がないと再通院。「おー膿がまたたまっているので、除去しましょう」と再び軽やかに診断され、1回目と同内容の再治療となりました。針を刺す、ギュッと絞る、マジで痛い!今回は前回より膿の量が多く、「これだけ出れば、治り始めると思いますけどね」という、医者からのゆるーい励ましを受けたわけです。

傷が化膿すると、本当に小さい化膿でもメッチャ痛いです。大人でこれだけ痛いと思うので、子供だとたいへん。お子さんがかかった時には、わたしみたいに初動でほっとかないで、スグに医者に行った方が良いです。間違っても自分で家の針を刺して膿を出そう等とは、思わない方が良いです。止めてくださいね。危険です。それでなくても、ばい菌で化膿しているので、身体の他の部分に悪い影響大です。

指が痛いと、やっぱり『筋トレ』は、できないです。1回やりましたが、やらない方がよかったかも?と思います。ダンベルは重いのは持ちきれません、指に力が入るので。次回行くときは下半身と腹筋関係、あまり好んでやらない有酸素運動にするしかないかな?と思っています。これもストレスです。

あー今年はこれで最後にしたいです・・・トホホと言うのは。

(それでは・・・あいすみません)

 

www.aisumasen.com