あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

ダウンシフトのおかげで・・・心の余裕ができた

今のわたしは・・・日々のプレッシャーといいますか、ストレス要因は、確実に減少しています。これは今年の1月にダウンシフトを選択し行動したおかげです。これはお金で(別に本当に払ったわけではなく、会社を離れることで収入を減らしたのです)人より少し早めに、時間と余裕を購入した感じです。そうは言っても、もう50代半ばですので、40代でダウンシフトやセミリタイヤをされた方々から見ると、ずいぶん長く約30年も世間にもまれてきました。

ダウンシフトして良かったと今思えるところは・・・時間の考え方ですね。余裕が出来ました。

1:朝の通勤ラッシュのピークの時間の移動は基本的に避けられる

=とはいいつつ、本当に2か月に1回か2回、どうしても9時に銀座とかの集合があり、満員電車に乗ることもあります。久々に満員電車に乗ると、凄いもんに毎日乗ってたなぁと改めて思います。狭い場所にひしめき合うと、殺気がたってくるのです。車で通勤していたこともありますが、朝は道も混むので時間が読めませんでした。今はなるべく約束を入れる時は、通勤時間が終了後に移動できる時間で、お願いしています。本当に楽です。

2:面倒な人付き合いを減らせる

=逆にいうと、面倒ではない人との付き合いだけ残ります(残しました)。これは心地よいです。わたしにとっての面倒な状況は、『あがり症』『緊張症』が出る状況ですので、組織ではなく個人で動けるようになると、苦手な局面は最初から「やらない」「拒否」「避ける」事が自分の判断でできるので、生きていて楽になりました。

3:自分にとっての重要度順に予定を決められる

=今わたしが重要予定としているのが、『筋トレ』『映画や美術展鑑賞』『読書』です。特に『筋トレ』の時間は毎週の予定で優先的に確保しています。ダウンシフト前は、行こうと思っていても面倒になり止めたり、疲れて止めたり、他人に時間をとられて行けなかったりの連続でした。今では逆に、気分が乗らなくても自分への重要な投資として、やる!という事をつらぬいています。映画館や美術展も、2000年以降の10数年は本当に年に1回か2回でした。行けたはずなのに、後回しにしていたのです。本も買っても積読ばかり。今キャッチアップしています。

4:やりたくない事はやらなくて良い

=引退したわけではないので、今でもお声をかけて頂いた仕事をしております。でもそれは、やりたい事、燃える事、盛り上がる事、面白い事、為になる事、この方のためならやって差し上げたいと思う事、だけです。当然やらされてる感はゼロですので、良い感じに進行することができます。しかも自分が引退を決めたら、その瞬間で止められるのです。自分がどう思うか、どのようにしたいかで、引退時期を決めようと思っています。

ダウンシフトして、精神的には良い事ばかりです。肉体的にも『筋トレ』効果で、良い感じのはずです・・・(お見せできないのが残念!・・・?)

ではデメリットは・・・・?あるでしょうか?・・・実はあります、ひとつだけ。それは・・・何気ない雑談が減った事です。

会社や組織で何百人と一緒に行動しているときは、毎日の中に雑談がありました。わたしの職場はギスギスした感じは無かったので、日々の挨拶や雑談、すれ違いざまの立ち話は、相手の状況次第ですが基本的に好きでした。相手の業務状況を邪魔しない程度に、思っている事を会話するのは重要です。それが、組織を離れると無くなるので、これだけは少し残念なところです。特に仲が好い人でなくても、違う部署でまったく業務は重ならない人でも、営業でも、経理でも、クリエイティブでも、世代が20歳くらい離れていても、男性も女性も、ちょっとした雑談で情報を交換するのは、楽しいものだったのだなぁ~と感じています。

今日は車窓を眺めながら、こんな事を、ふと思いました。

(それでは・・・あいすみません)

 

www.aisumasen.com