あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

新年早々筋トレで肩を痛めて医者に行く・・・トホホ

おめでたい気分が裏目に!

年が明けて最初は元気でした・・・間違いなく。

そして1月4日には、筋トレに行ったわけです。人生のルーティンですから。「今年もやるぞ!」「今年は絶好調!」「今年の私は去年の私と違う!」等と頭の中で妄想が駆け回ったのです。

入念に身体をほぐしたつもりです。ルンルン気分で。鼻歌まじりだったかもしれません。

でも・・・最後に筋トレしたのは、2018年の12月27日ですので中8日。大晦日の2018年12月31日から、たったの中3日しかたっていません。そんなに急にスーパーな私になるわけが無いのでした。

加重を加えて、エッチらコッチら、やること小一時間。「うん?何か肩が痛いかも、気のせいだよね」エッチらコッチら。「えっ?やっぱり痛いよ、でも最後までやっちゃおう」エッチらコッチら。「うーん?変だな、痛くて上がらない。でも正月だしな、ここで止めるのは1年が台無しになるかな」エッチらコッチら。

そしてついに肩に激痛。今年1年が台無しになりましたとさ。ではまた来年、良いお年を・・・トホホ。

・・・・ということで、今年最初の筋トレで見事に肩を痛めました。翌日の土曜・日曜と逆間接にすると肩に激痛です。どんな感じかというと、車の運転席に座っていて、後ろの座席の荷物を取ろうと肩をまわすと・・・「ウゲッ!」超痛い。夜寝ていて、気軽に寝返りをうつと・・・「フガッ!」超痛い。パーカーを着ようと、腕を上げて袖を通そうとすると・・・「ギャハッ!」超痛い・・と言う感じです。

早速今年最初の医者に行く

痛みに負けて、7日の医者に行きました。痛みに弱い私です。よくアメリカや韓国映画のアクションもので、主人公が悪役に拷問されても秘密を守り抜くというシーンがありますが、私は無理です。拷問される前に白状して、すぐ解放してもらいます。(たぶん殺られますけど)

という事で今年の最初の通院に見事選ばれたのは、ジャーン「整形外科でした!」・・拍手!パチパチ?????。

で!今日は年明け最初のブログなので、明るく・元気を装って書いてますが、気分は・・・マジでトホホです。

「整形外科かぁ~」たしか一昨年の夏に、床に置いてあった(放置されていた)たった1冊の雑誌の背表紙に足の指を当ててポキッとやった時があります。間違いなく骨にヒビが入っていたと思われるのに、誤診されたような気がしているので、その時に行った事がある医院は止めて、新しい医者に入りました。一見さんさんお断りの看板が無かったので。医院のノレンをくぐると、仲居さんじゃなくて看護師さんがお出迎え。症状を話し、先ずはレントゲンへ。御通しはレントゲンです。

医師の先生と初面談。指の骨折(私は今でもそう思っている)の時の医師より若くてヤル気ありそう。病院の建物も新築に近いのでローンも残っているでしょうし。こういう「稼がなければ」という気持ちは重要ですよね。モチベーションにつながる。

筋トレで頑張り過ぎたことを白状し、肩の痛みを点検。こういう時に限って、回されても「ウッ」というが激しい奴が来ないんですよね。「アレ?あんまり強い痛み来ないな」なんて頭の中で思いながら、痛い事を強力にプレゼンテーション。治療されないと不味いですから。

医師曰く、レントゲンを観たところ「大きな損傷はないが、カルシウムの塊が出来ていてここが等々」という事で「注射うちますか」という「最初はビール」とか「山崎をロックで」みたいな、感じになったわけです。

で!どんなカクテルじゃない、注射かというと・・・

1:ネオビタカイン注シリンジ 5ml

=解熱・鎮痛・抗炎症作用により、神経痛、筋肉や腰の痛み、肩の痛みをやわらげる。

2:オルガドロン注射液1.9mg 0.5ml

=抗炎症作用、免疫抑制作用

というカクテルを痛みのあるところにトリガーポイント注射。医師のレントゲンの見立てと、私の痛みと思う所の位置にずれが有ったのですが、今回は私の体感で痛みを感じるところに、照準を合わせてもらいました。

新年早々の通院「いや~本当にまいりました」これで痛みが抜けるか、筋トレは継続できるか、経過観察をしつつ、心を折らずに今年も頑張りぬく所存です。

最後にもう一度・・・大きなため息とともに・・・年明け早々の・・・トホホ。

(それでは・・・あいすみません)

www.aisumasen.com