あいすみません

早期退職?セミリタイヤ?・・・いやいやダウンシフトです!「筋トレ」「読書」「映画&音楽&スポーツ鑑賞」で心身を整えています。

「あがり症」「緊張症」対策の記事を読んでみたけど・・・

「あがり症」「緊張症」は気持ちの持ち方では治りません

久しぶりに「あがり症」「緊張症」の気が出てきてますので、私の頭と心は対策モードに入りました。そこで!googleで、最近の「あがり症」対策のトレンド記事を検索してみました。

**********************************************

その結果は!

「そんなことやっても、心臓のドキドキや声の震えが、おさまるわけないじゃん」「あまくみてるぞ、あがり症を」でした!

以上です!!!!!!!!

**********************************************

何がダメか・・・

1:気持ちを前向きにしても、症状は出ます

2:恥をかいて平気などと思っても、症状は出ます

3:誰も気にしないと暗示かけても、症状は出ます

4:あがりや緊張を受け入れても、症状は出ます

5:どんな神様を信じていても、症状出ます

6:手のひらに人の文字を書いて飲み込んでも、症状は出ます

7:事前にトイレに行っても、症状は出ます

いいですか?どんなにポジティブ・シンキングしても、症状は必ず出るのです。

********************************************

「あがり症」「緊張症」は・・・

1:気持ちの問題ではありません

2:性格の明るい暗いは関係ありません

3:健康と不健康すら関係ありません

4:お金の有る無しはまったく関係ありません

5:男と女も関係ありません

6:大人と子供も関係ありません

7:人種も関係ありません

=つまり「あがり症」と「緊張症」は非常に具体的に、人間の生活や人生の質を落とす、やっかいな症状なのです。

*******************************************

私は青春時代にこの症状を自覚し、人生の質を落としました。他人は私の心の中はわかりません。「あがり症」「緊張症」が無い方が、もっと良い人生をおくれたと本当に思っています。ここからの未来もこの症状のせいで、行動をあきらめる事はあるでしょう。覚悟しています。

私の対処方法

そんな私が本気で「あがり症」「緊張症」対策を助言するとしたら・・・

1:逃げるときは逃げる

後悔しても、悲しくても、逃げる、欠席する、休む、行かない、無視する・・・です。そうすれば心が折れないしプライドも保てる。付き合いが悪い奴などと影で言われても、そんなことは気にしても仕方が無い。

2:事前に「あがり症」をバラしておく

自分は「あがり症」でこういう時に心臓がドキドキするので、当てないでくれと議事進行の人や信用できる仲間に、事前にバラしておくという手もあります。雰囲気の良い集団ならこれは可能でしょう。もしもの時に助けてくれるしね。

3:薬を使う

薬というと一度飲んだら薬漬けという恐怖感ありますよね。私の場合はそんな事はありません。「あがり症」「緊張症」が出る状況を事前に予想し、心臓のドキドキするその時間だけ血圧を下げる薬を飲みます。

これは30代の時に、「あがり症」は努力や気持ちでは治らないと自覚して、自身の症状を細かく話して医者に処方してもらいました。私は普段の生活は普通におくれるので、ある一定の緊張する状況を回避できればよいのです。そこでミケランという薬を処方してもらいました。

この薬を飲んで、上手く数百人の前でも話せた事があります。でも数十人でもあがってしまった事もあります。100点満点ではありませんが、人生の質は上がりました。0点どころか赤点から、50点以上にはなりました。

それ以来、いつもポケットに入れて持ち歩いています。実は飲んだ回数は、会社で仕事をしていた時でも1年に1回から3回くらい(大宴会や結婚式・お葬式、数百人規模の会合、大きなプレゼン、断れなかったカラオケの時など)。今では人生ダウンシフトしましたので、もう3年以上服用していません。そうです!この薬は私のお守りなのです。

※ 人により体質や症状の状態もあると思うので、医者と相談して決めてほしいです。薬を大量に出す変な医者もいると思うので、常に疑いながら自分に合った対処方法を探してください。

*******************************************

以上は、もちろん私の方法も、治療ではなく対処でしかありません。「あがり症」「緊張症」は一生付き合うものと覚悟しております。でも準備は面倒でも、対処できれば人生の質が上がります。同じ症状の方のお役にたてればと思い、私の方法を書きました。

(それでは・・・あいすみません)

 

www.aisumasen.com